スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple mighty mouse のお掃除

lachaise以前にも紹介したApple製のマイティーマウスですが、デザイン以外の使い勝手などの評判があまり良くないようです。
その中でも一番問題にされているのがスクロールボール(真ん中のデベソもしくはチクビみたいの)に埃などがつまり動きが悪くなるというもの。
分解して掃除するのは容易ではありません。
実際自分も購入2ヶ月で一切下にスクロールしなくなり、買ったお店で交換してもらいました。
(そのときは埃のつまりが原因とは分からずにただの故障だと思っていました)
そして1ヶ月がすぎ、また同じ症状。。。
ダメダ、コリャ。と思っているとappleでこんな記事を見つけました。

Mighty Mouse の清掃方法
Mighty Mouse に油を差したり水を補給したりする必要はまったくありませんが、ときには清掃することも必要です。
Mighty Mouse に指紋が付いたり、表面が汚れた場合は、清潔でけば立っていない布でやさしく拭き取ってください。必要なら、布に水を含ませてください。このとき布を湿らせすぎないよう注意してください。マウスには電気部品が含まれており、布に含ませた水がスクロールボールや底面パネルの周囲にある隙間から内部に流入するとマウスが故障する場合があります。
Mighty Mouse の上に付いているスクロールボールの色があせたり汚れた場合も同じ方法で清掃します。少量の水を含ませた、清潔でけば立っていない布を使用してください。スクロール操作がスムーズにいかなくなった場合は、マウスを裏返して持ち、ボールを強く転がしながら清掃してください。こうすることにより、内部ハードウェアにたまった細かいゴミを取り除くことができます。


実際にやってみました。
lachaise








こんな感じで上に下に右に左に、ゴリゴリと。
数回やっているうちに動きが少しずつスムーズになり元に戻り~。
ってことで作業は終了。
結構悩んでた割には簡単にできました。
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス
ジャンル : コンピュータ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。